1887

軍縮のためのアクション

あなたができる10の事柄!

image of 軍縮のためのアクション
This illustrated, educational and thought-provoking book calls on the world's young people to actively mobilise and promote disarmament in 10 practical ways. It focuses on the risks posed by nuclear arms and small weapons. This book is a tool for young people to get involved in mobilising the public at large to participate in developing new strategies to reduce the threats posed by weapons. It will help young people to raise awareness of why disarmament is important for the future of all humankind as well as their own lives. It is recommended as a resource for teenagers and their parents, young adults, as well as high school and university professors, civil society and community leaders.

Japanese English

.

アクション 3: 話し合いを司会進行しよう

軍縮およ び不拡散についての話し合いを司会進行(ファシリ テーション)することは楽しいことです。難しい社会問題に 取り組むのは、やりがいもあり意味のあるものでしょう。団 体やクラブを立ち上げたなら、重要なスキルとして話し合い を進行する能力を身に着けなければなりません。「簡単な」 を意味するラテン語のfacilisに由来するfacilitatingは、 話し合いや会話が円滑に進むよう手助けするといった意味で す。意見のわかれる問題を議論している時でも、参加者全 員が討論に貢献し、熱心に討論に参加しているのを確認で きれば、話し合いを進行する能力として十分な力がついたと 言えます。不拡散や軍縮の問題を話し合う場合、それぞれ の見解が異なっていたり、強固な信念を持っている人がいた としても、司会進行する能力があれば、議論をうまく切り回 すことができます。話し合いの進行役を車掌、会話や話し 合いを電車と考えてみましょう。進行役(車掌)はコミュニ ケーションという電車の操縦を助け、次は何という駅に着く のか、すなわち次はどんな議題が話し合われるのか乗客に 知らせます。そして、もし遅れ(意見の相違)が生じている ならば、車掌の果たすべき仕事は意見を言うのではなく案内 することです。簡単なステップをいくつか紹介しましょう。

Japanese English

This is a required field
Please enter a valid email address
Approval was a Success
Invalid data
An Error Occurred
Approval was partially successful, following selected items could not be processed due to error