1887

軍縮のためのアクション

あなたができる10の事柄!

image of 軍縮のためのアクション
This illustrated, educational and thought-provoking book calls on the world's young people to actively mobilise and promote disarmament in 10 practical ways. It focuses on the risks posed by nuclear arms and small weapons. This book is a tool for young people to get involved in mobilising the public at large to participate in developing new strategies to reduce the threats posed by weapons. It will help young people to raise awareness of why disarmament is important for the future of all humankind as well as their own lives. It is recommended as a resource for teenagers and their parents, young adults, as well as high school and university professors, civil society and community leaders.

Japanese English

.

序 文

1914年の第一次世界大戦の勃発は、近代兵器の技術的発展にとっ ての分水嶺となりました。産業革命によって生み出された新しい兵 器が、大規模な戦争で初めて使用されたのです。機関銃が登場し、 数キロ離れた場所から砲弾を発射できる大砲も登場しました。戦場 には地雷が埋められ、装甲戦車、戦艦、そして機雷を備えた潜水艦ま でもが使用されました。上空からは爆撃機が爆弾を投下しました。 また、化学兵器の先駆けとしてマスタードガスも使用されました。戦 争が続いた4年間のあいだに、一日当たり平均5,500人の命が犠牲 となりました。最終的に1,000万人が亡くなり、3,000万人が負傷し、 手足を失い、障害を抱えたまま残りの人生を過ごすことになりました。 世界は変わってしまいました。人類は、破壊を「大量生産」するための 技術的手段を獲得したのです。

Japanese English

This is a required field
Please enter a valid email address
Approval was a Success
Invalid data
An Error Occurred
Approval was partially successful, following selected items could not be processed due to error